15:24
ラミネーターを買いました??これで塾の看板やお知らせをプリントできるようになる?? https://t.co/ZSGLGSauz3
16:03
看板完成?? https://t.co/LzdgeiJ2kO
12:44
今日は宇都宮短期大学附属中学校の学校説明会に来ました。 https://t.co/falvibDbi6
19:58
玄関マットを変えました!フカフカで気持ち良いです。小さなところからコツコツ変えてきます。 https://t.co/76aRWMH1Uf
数学で、
「応用問題や文章問題ができないんです」
という生徒は多いのではないでしょうか。

なぜできないのか??
理由は2つあります。

1つ目は文章読解力です。
文章を読んで理解する力のことです。
文章を読める生徒はいるのですが、
理解できる生徒が少なくなっています。
問題の意図を読み取ることが必要になってきます。

2つ目は抽象概念です。
例えば数学の文章問題に書かれていることは
現実には起きにくいことが書いてあります。
それを想像して図や表に具現化する力です。
数直線を書いたり、簡単な表を作ったりすることです。

この2つの力を養わなければ、
いつまでたっても文章問題は理解して解くことができません。
(前提条件で、計算問題が正確にできるも入りますが・・・)

文章読解力は文字を読んで理解する訓練が必要ですし、
抽象概念は理解した文章を
自分のわかりやすいモノに置き換える訓練が必要です。

この2つの能力は高校受験でもそうですし、
大学受験でも生かされるでしょう。
はたまた社会に出ても
「問題点をヒアリングして、具体的なアクションを起こす」等の
優秀な人材となり得るでしょう。

生徒に抽象概念を教える塾になりたいと思い、
「抽象塾」と名付けました。

文章題の苦手な生徒は是非抽象塾へ
3年生の時よりも2年生の時から。
2年生の時よりも1年生の時から。
1年生の時よりも小学生の時から。


抽象塾ホームページ・生徒募集・体験授業等
無料教育相談もしています。
https://chusyo.com/

生徒募集










矢板東高校は昨年度(2020年の入試)までは特色選抜で、
定員の100%入学者を決めてしまいました。
また選抜方法は国語・数学・英語、各40分の学校独自問題による学力検査と
15分間の集団面接を行っていました。
それでも定員に満たない場合は、
一般選抜を行っていました。

2021年からは特色選抜で
定員の30%(90人中30名程度)を特色選抜で決定するそうです。
また選抜方法も学力検査を行わず、
500〜600文字の作文と個人面接を行うようです。
そして一般選抜で残りの70%程度(約60人)を入学者とするそうです。
この変更は佐野高校も同様です。

ここから考えられるのは
宇都宮東高校を除く併設型中高一貫校の人気の陰りがあります。

昨年度の矢板東高校は特色選抜で90名の定員の内、
69名(倍率0.77倍)しか受験者がいなく、68名が特色選抜で合格しました。
さらに一般試験でも30人の定員で18人しか応募がなく(倍率0.60倍)、
全員が合格しました。
つまり12人定員が余ってしまったわけです。
中高一貫校ができる前やできた当初では考えられない状況です。

昨年度のパンフレットには
「本校附属中学校では先取り学習をしていないので、
高校での学習内容は、 附属中出身者も高校からの入学者も
同じスタートラインに立ちます」と書かれていましたが、
やはり中学校から入学するのと、高校から入学するのでは、
同じスタートラインではなかったのではないかと推測されます。

また特色選抜で学力検査をしたのも
人気がなくなっていった原因の一つではないかと思います。
進学校として名高い矢板東高校なので、
学力検査は通常の流れだったのかもしれません。
しかし県北部では部活動が盛んで、
「部活動で特色選抜を受けたい」
と考える生徒が大勢いたのではないかと思われます。
そこに学力検査があると
どうしても二の足を踏む生徒が多かったと容易に予想されます。

学力検査をなくして、
矢板東高校は多くの県立校と入試選抜方法は同じになりました。
附属中からの生徒との兼ね合いはあるものの、
これで矢板東高校の人気が再起するのでしょうか。
これからが楽しみです。


抽象塾ホームページ・生徒募集・体験授業等
無料教育相談もしています。
https://chusyo.com/

生徒募集









19:05
休塾していて、久しぶりに授業をしたら、生徒が「やっぱり塾っていい」と。たまに本気の勉強をしないと脳味噌が溶けてしまうそうです。 それを聞いて、私は嬉しくて授業後にガッツポーズしました。 難しいことをなるべく簡単に教える難しいですが、そんな塾であり続けたいと改めて思いました。
県の緊急事態措置の施設の使用制限における
協力依頼が解除されましたので、
2020年5月12日(火)から自粛による休塾を解除し、
塾を再開しました。

休み中は様々なことをしようと企んでいましたが、
結局のところ新基準による
教室の模様替えをするだけで終わってしまいした。

健康のために夜間散歩に出たりしましたが、
自粛し、家にいるのは案外苦痛なものでした。

私はB'zが好きなので、
B'zのライブムービーがYouTubeで
全作品見られるようになっていたので、
少しずつ見ることを楽しんでいました。

これから授業、受験はどうなるのだろうか??
そのことばかり考えていました。
それは受験生の親なら考えることではないかと思います。

抽象塾では小さな塾の小回りの良いところを生かして、
柔軟に対応して行きたいと思っています。

新規生徒募集も体験授業も再開しましたので、
もし興味のある方は連絡をください。




抽象塾ホームページ・生徒募集・体験授業等
https://chusyo.com/

生徒募集
抽象塾では、2020年4月21日(火)に以下の内容を保護者様宛に手紙あるいはLINEでお送りしました。

「抽象塾では、国と栃木県の緊急事態措置の施設の使用制限の協力依頼を受け、2020年4月21日(火)から2020年5月6日(木)まで休塾することにしました」

本当のことを言えば
使用制限の協力要請があることは知っていましたが、
休塾を決定する2日前までは
休塾というのは全く考えていなかったし、
毎年のことながら「GW時期だけ休めばいいか」ぐらいの考えでした。

休塾すれば、
全生徒の予習ペースがいい感じで進んでいるので、
このペースを乱したくないし、
通常の授業で、予習の復習をするのは全然平気なんだけれど、
休塾したことで、予習を復習するのは嫌だなぁ、
と率直に思いました。

ただ世の中を見れば、
コンビニでも防護シールドをしてあるところもあるし、
スーパーでは列に間ができるように線が引いてあったり、
ファミレスでは時短営業になっているし、
飲食店ではテイクアウトが主流になっていたり、
お酒は19時以降提供できなくなっていたり、
バーなどは自粛休業になっていたり、
テレビやラジオではリモート出演が多かったり、
世の中が新型コロナの鎮静化の全体自粛に向けて、
動き出していることを感じました。

こうした中で、抽象塾は小さい事業所ですが、
やはり休業した方が公共の福祉に当たるのではないかと、
休むのは断腸の思いでしたが、
気持ちをギュッと切り替えて、休塾に踏み切りました。

保護者様には急なお願いで申し訳なかったです。
生徒の皆さんは分からないところはオンラインで質問して欲しいと思うし、
休塾明けには予習の復習をしたいと思っています。

私も塾長として、休塾の間に何かパワーアップできるように、
前向きに過ごしていきたいと思います。




抽象塾では2012年から
『抽象塾における季節性感染症対策ガイドライン』を
季節性感染症の流行が始まる前の10月に毎年配布してきました。
そこには予防の仕方、体調不良な場合、
季節性感染症にかかってしまった場合、
同居家族で季節性感染症にかかってしまった場合、
塾での対応、代替え日を設ける基準が書かれています。

また季節性感染症流行期には
入り口に消毒液が置かれ、
生徒は塾に入るとまず消毒をします。
こけは受験対策でもあると説明を続けてきました。

抽象塾ではこのような取り組みを
8年前から実施してきました。
これらの取り組みの効果もあり、
受験時に季節性感染症になった生徒はいませんし、
塾でクラスター化したこともありません。

もちろんこのような取り組みは
一朝一夕でできるものではありません。
生徒一人ひとりの意識改革や保護者様のご協力なしには
成り立たなかったと思います。

新型コロナが猛威をふるっている昨今、
抽象塾が通常通り営業できているのは
この取り組みがあるからかもしれません。



抽象塾ホームページ
https://chusyo.com/

生徒募集
相談生について質問を受けたので
答えたいと思います。

相談生は入塾金は必要ありません。
30分800〜1000円と
一回の授業料が高くなっています。
ちなみに一般生は2時間2500円です。

今までの相談生は、
剣道部で、部活動とは別に
道場での練習が夜もあるけれど、
週に一回だけ不定期に休みがあり、
その日に20時から21時に授業を受けたい。
志望校は大田原女子高校という条件でした。
少し無理難題で数件の塾は断られたそうです。
勉強の習慣があったので、当塾では受け入れました。
この勉強の習慣があるかないかがこういう生徒は鍵です。
週1時間でできることは限られており、
苦手な数学に絞って授業をしました。
全国大会が終わってからは流石に道場も休んで
入塾金を払い一般生として入塾してもらいました。
結果中学校の先生からは無理だと言われた
大田原女子高校に一般合格しました。

このように書くと簡単なようですが、
毎回保護者様と綿密な打ち合わせをしたり、
本人と授業後に打ち合わせをしたり、
道場を休むように説得したり、
居残りをしてもらって授業を受けてもらったり、
大変だった記憶しかありません。
もちろん今となってはいい思い出ですが。
ただやはり勉強の習慣があったので、
分からないところを持ってきてもらい、説明していました。
授業で必ず類題を出題していたことが
急激に成績が伸びた要因でした。

部活動との両立は難しいところがありますが、
抽象塾ではいろいろカバーできるところはカバーをしてきたいと思います。





抽象塾ホームページ
https://chusyo.com/

生徒募集