15:25
矢板中央高等学校の学校説明会に行ってきました。 https://t.co/lATGwXPGNP
09:41
作新学院高等学校の入試説明会に来ました。 https://t.co/ZQ7UiaGwe2
20:16
2018年入試、栃木県立高等学校の生徒募集定員の見込みについて【大田原女子高等学校】 https://t.co/XoHUTFJ8fZ #jugem_blog
県立高等学校の生徒募集定員の見込みについて発表があった。
県北で影響を受けたのは大田原女子高等学校だ。
定員240名から定員が200名に減った。
特色選抜が約50名取って、一般試験が約150名となる計算だ。

単純に昨年の応募人数に当てはめてみると、
特色選抜は1.67倍から2.00倍へ。
一般選抜は1.01倍から1.20倍となる。
もちろん机上の空論だが、このぐらいの倍率があると進学高らしくなる。

県北地域は特に県立志向の強い地域である。
大田原女子高等学校を避ける動きが出てくるかも知れない。
ただ男子校や女子校は何が何でも行きたいという生徒が多い。
それを総合判断すると大田原女子高等学校の倍率は少し上がり、
他校への影響は少ないのではないかと予想する。
【重要なお知らせ】
抽象塾は
2017年9月19日(火)より
新中学1年生(現小学校6年生)2名の入塾予約を開始します。
2018年3月中旬より入塾となります。
体験授業は9月19日以降に募集しておりますので、
ふるってご参加下さい。
詳しいことは電話を下さい。

0287-29-1337 担当 菊地
昨日で約1ヶ月に及ぶ夏期講習が終了しました。
安堵したとともに来週から定期テスト対策授業が始まるので、
再び、気合いを入れ直さなければならないです。

今回の夏期講習で一番驚いたのは出席率です。
例年平均60%の目標を掲げ、平均50%以下の出席率がほとんどでした。
部活動だったり、家族でお出かけしたり、お盆もあったり、友だちと遊びに行ったり、
夏休み中はやることがいっぱいであります。
だから強制はしたことないのだが、そんな中でも今回の出席率はすごかったです。

平均75%。

ほとんどの生徒が平均80%台でした。
もちろん生徒一人一人に合わせたスケジュールだったことも功を奏したのですが、
今年の生徒は頑張って出席してくれたと思います。
ありがたいです。嬉しかったです。
ありがとうございます。

平均37時間、勉強したことは無駄にはなりません。
無駄な勉強は一つとしていません。
定期テストで、受験で、きっと役立つ時がきます。

さて、定期テスト対策の準備をします。
今年の夏期講習の特徴は
一人一人にスケジュールを作ったことです。
二者面談で保護者様からの要望を聞いた上で、
生徒一人一人のスケジューリングをすることは
容易ではなかったですが、
一日でも多く出席して欲しい願いを込めて
予定を組み立てました。

内容は伝統的な英語の単語テストを始め、
今年は理科や社会の要望が高かったので、
理科と社会の一問一答問題を進めています。
今後は数学の予習も進めていきたいと思っています。

全体の出席率は昨年よりも良い傾向にあります。
やはり一人一人のスケジューリングが功を奏しています。

抽象塾の夏期講習は毎年違います。
生徒にとって何か必要なのか、
今後必要になっていくことは何なのか、
考えていくと毎年違った方針、内容になっていきます。

夏期講習は受験につながる勉強を
集中してできる唯一の時期と言っても過言ではない。
是非集中して取り組んで欲しいと思う。
先週抽象塾の生徒の保護者全員と二者面談を実施しました。

定期テストの反省点や今後の方針などを主に話し合いました。
生徒にとってどのように指導していけば良いのか、
考えさせられる場面が多々ありました。
やはり話してみないと分かりません。

二者面談の話し合いを元に、
今後の通常の授業、夏期講習等の学習に活かしていきたいです。
12:34
宇都宮短期大学附属中学校の入試説明会に来ました。 https://t.co/YTjUPSAm7B
12:48
宇都宮海星女子学院中学校高等学校の学校説明会に来ました。 https://t.co/UGgmFCJFNf
20:14
栃木県立大田原高校の特色選抜の定員の割合が10%から20%に上がった。この10%は大きい。15%が25%、特色選抜合格者が36人が60人になるわけだから。24人の違いは大きい。 県北では他に、栃木県立矢板高校の機械科と電子科の定員の割合が20%から30%に上がった。