私が20代の時の話だ。
私はアルバイトで教室長を任されていた。
今となっては考えられないが、
当時はそのようなことは少なくなかった。

教室長とは名ばかりで雑用に追われていた。
掃除、教室の前の花壇手入れ、小テストの準備、
前日書かれた日報を読んだり、その返事を書いたり、
中規模店舗だったので、
他のアルバイトのシフトも作っていた。
もちろんアルバイトの採用面接も業務の一環だった。

アルバイトの採用試験に応募してきた一人の女性がいた。
バイトは常に不足気味で、
この時は「助かった」と採用する気満々だった。
ただ履歴書を見ると、高卒になっていた。
一応この会社では大卒が最低の採用基準だった。

話を聞くと親の都合で大学には行かせてもらえなかったらしく、
一応受けてもらった大学入試問題は私よりも良い成績だった。
熱意も情熱も伝わってきたし、私は一緒に仕事がしたかった。
ただ会社の判断を仰がないと採用はできなかった。

私は正直に伝えた。
「一緒に仕事がしたいのですが、採用基準が大卒になっています。
会社の判断を仰がないと私の判断では採用できません」と。
その女性は微笑んで、
「ダメもとで今日はやっていました。どうしても教育に興味がありまして」と言われた。
後日連絡をするとだけ伝え、その日は終わった。

会社の本部にその旨を連絡したら「不採用」と言われた。
「やる気もあって、知識もある、それでも不採用ですか??」と私が意見したら、
「保護者様に高卒の人が教えている塾があると聞いたらどう思う??」などと
本部の人と30分ぐらい話したが、話しは平行線のままだった。

私は忘れもしない16歳の12月から
塾講師のアルバイトをし始めた。
もちろん高校生だった。
中学生の冬の合宿の手伝いを誘われたのが事の始まりだった。
中学を卒業する頃には塾の先生になるのが夢だったので、
私は張り切って参加し、合宿が終わった時は達成感があった。
そして私が関わった生徒が合格したとき、
なんとも言えない安堵と今まで味わったことがない達成感を感じた。
それが私の最初の卒塾生だ。

そんな想いもあったので、その女性と一緒に働きたかった。
結局私が責任を取るという形で採用になった。
私の右腕どころか、彼女は改善提案までしてくれて、
塾は万年赤字店舗から黒字店舗になることができた。
そして最初の卒塾生を送り出した時、
彼女は泣いていた。

塾は学校と違って種を蒔くけれど、
実ったところは見ることがほとんどない職業だ。
塾の同窓会を開いているところは少ないはず。
この手の話はありふれた話だが、
多少学歴が必要な場面もあるが、
情熱や熱意や夢、生徒を良くしたいと思う心こそ
学習支援業には大切だと思う。

私もそんな風に考えながら、
今日も生徒と向き合っている。


【PR】
抽象塾では現小学6年生を4名、中学1年生、中学2年生を各数名募集しています。
詳しくはホームページをご覧ください。



2019年10月22日(火・祝)
即位礼正殿の儀が粛々と行われた日、
抽象塾でも開塾15周年のお祝いがありました。
何もしていませんが(笑)

丸14年何もなかったかと言えばたくさんありました。
私の毎日の喜怒哀楽のほとんどが
塾にあったと言っても過言ではありません。
「あの時こうしていれば」ということはたくさんあったし、
今でも夢で当時のことを思い出すこともあるし、
今でも悔しいとふと思うこともあります。
でもそれ以上に嬉しいことがあるのがこの仕事。
だから辞められません。

14年前の私にはできないことだらけでした。
それでも塾を始めて、こう続けてこられたのは、
ラッキーと偶然が重り、
また保護者様をはじめ、生徒たちが温かく見守って頂き、
14年仕事をさせていただきました。
今度は丸14年の経験を生かして、
保護者様や生徒たちに接していきたいと思います。

教育が今変わり続けています。
必然と情報を集めたりしていると、
「大変革が起きようとしている」と
調べれば調べるほどそう感じています。
それに対応すべく頑張りたいと思います。

15周年の1日目、早速報告書を書いて
生徒の今の状況を保護者に伝えたいと思います。

これからも抽象塾をよろしくお願いします。











2019年9月4日、県立高等学校の生徒募集定員の見込みについて発表があった。
第2期県立高校再編計画に伴い那須地区でいえば、
黒羽、那須清峰、那須の学級数が減ることは新聞等で発表済みだった。

今回はさらに那須地区で大田原高校が学級数を1減らして、
定員240名から定員200名に減ることになった。
やはりと言えばよいのだろうか、
ここ数年の低倍率から言えば仕方ないと判断されるだろう。
特色選抜が約50名取って、一般試験が約150名となる計算だ。

単純に昨年の応募人数に当てはめてみると、
一般選抜は1.01倍から1.31倍となる。
もちろん机上の空論だが、このぐらいの倍率があると進学高らしくなる。

那須地区は特に県立志向の強い地域である。
男子校や女子校は何が何でも行きたいという生徒が多いのも事実。
ただ2018年度から1クラス減った大田原女子高の去年の倍率が1.06倍と考えると
大田原高校を避ける動きが出てくるだろう。

それを総合判断すると大田原高校の倍率は少し上がり、
他校への影響、黒磯高校、宇都宮方面の高校などには
少なからずあるのではないだろうか。

那須地区の県立高校が160名の定員が減らすのは
いくら生徒数が減少傾向にある那須地区でもいきすぎなような気がする。
ただ来年は例年より厳しい県立受験ということを覚悟しなければならないと思う。



















頭を悩ませながらも全体像が浮かんできた。
2019年の夏期講習をどうするかだった。

今回大きく方向を転換したのはお盆だ。
今までお盆はすべて休まずに行ってきたのだが、
昨年、一昨年のデータを見ると出席率は極端に低い。
お盆の前半は休み、後半は実施する方向性に変えた。

受験生の夏期講習は例年のことを基本に
学校の授業にそくした予習と復習をしようと思っている。
ただ学校の準拠ではなく、
より受験に近いもの中心に進めていきたいと思う。
今年は中学3年生だけになることもあるので、
英語の長文読解などの授業形式を取り入れたいと思う。

受験生以外は弱点補修になるかもしれない。
やはり弱点なものは早めに問題に触れて、
種を蒔いて、授業に生かせるべきなのかもしれない。

無駄なものを省き、
授業に集中できるように工夫したい。
また授業限定ではあるが、
ちゃんと目標まで達した生徒には最大15分の
自習時間をあげようと思っている。

全員が躍進できるように
そして計画通りにことが進むように、
最善を尽くしたいと思う。













明日から抽象塾では二者面談が始まります。
保護者様と私の二者面談です。

塾の二者面談は塾業界から賛否があります。
積極的ではない塾があったり、
二者面談をする時間があるならば、
問題の一問を解いた方がいいという塾もあります。

保護者様も忙しいと思います。
仕事を持っていたり、家庭があるのですから、
当然と言えば当然です。

しかし私は直接保護者様と話したいと思います。
時間のないなか、わざわざ足を運んでもらうのは
申し訳ないことだと思うのですが、
やはり保護者様と話したいと思います。

保護者様がどんな風に生徒のことを考えているのか??
保護者様がどんな風に塾のことを考えているのか??
直接尋ねて、直接伺って、
そこから塾運営を出発したいと思っています。

保護者様と話していると腑に落ちることが多々あります。
生徒の不思議な行動や意外な一面を見ることができます。
保護者様も塾での意外な一面に驚くことがあります。
そうやってお互いが生徒を違った角度で観れることは、
生徒、保護者、私ともにメリットが大きいと思います。

学校と保護者様と子供の三角形の下、
学校と対極のところにある
もうひとつの三角形の頂点が塾だと私は思っています。

正確な情報を、正確な地図を、正確な状況を、
生徒や保護者様に伝えていくのが塾の役割です。

そんな気持ちで抽象塾は二者面談を行なっています。








12:45
興味があったので聞きにきました。 https://t.co/iU58PDgbz7
23:58
今日は教材展に行ってきました。さすがに3日連続の宇都宮遠征は辛かった。でも素敵な教材と巡り会えてよかったです。 https://t.co/bFAXHjSKHa
12:18
今日は宇都宮短期大学附属中学校の学校説明会に参加するところです。 https://t.co/8FFyaYF1y5
12:55
宇都宮海星女子学院高等学校の入試説明会に来ました。 https://t.co/2hRBkOl2Gu
15:38
前期中間のワークの日・定期テスト対策授業が終わりました。 https://t.co/DUPcXTYztm #jugem_blog