中学校で行われる12回の定期テストは
高校受験において大きな意味があります。
職業高校に入学したい生徒は特にです。
12回の定期テストは提出物や授業態度とともに、
内申書となり、受験に影響を与えます。
「3年生の夏から塾に入ればなんとかなる」という方は
1年生からコツコツ勉強してきた人よりも圧倒的に不利になります。
こういうことは学校では教えてくれません。

抽象塾では
定期テスト3週間前に行う「ワークの日」、
定期テスト約10日前に行う「定期テスト対策授業」、
定期テスト後に行う「反省会」を用意し、
定期テストで点数が取れるようにバックアップしています。

「ワークの日」
定期テストの問題は学校のワークから出題されることが多いです。
そこで生徒が学校のワークを普段から行っているかチェックします。
5教科まんべんなく行っているかチェックし、
おこなっていないものに対しては指導します。
学校のワークはテスト後に先生に提出することが多いので、
抽象塾では宿題がない代わりに学校のワークをすることを推奨しています。

「定期テスト対策授業」
昔、保護者から頼まれたことからスタートしています。
「定期テストが近いにも関わらず、家でのんびりテレビを見ていたり、
寝ていたりすることが親のストレスでする」という意見を受けて、
塾で勉強することを提案したことがキッカケです。
それを制度化し、定期テストの約10日前から
平日はテスト勉強を塾ですることになりました。
生徒にも保護者様にも好評で、続けて欲しいという声を多く聞きます。

「反省会」
定期テスト終了後、生徒と一対一の席を設け、反省をしてもらいます。
テストの点数が良くなった時にはどうして良くなったのか分析してもらい、
テストの点数が悪くなったときはどうして点数が取れなかったか分析してもらいます。
今後どうしていきたいか、夢や希望を語ってもらいます。
そして二度と同じ間違いを繰り返さないように、
次回の「ワークの日」に前回の「反省会」の内容を伝えるようにしています。

そして定期テストを積み上げることによって、
受験をよりスモールステップに対応できるように指導しています。




【PR】
抽象塾では現小学6年生を4名、中学1年生、中学2年生を各数名募集しています。
詳しくはホームページをご覧ください。
コメント
コメントする