12年目を迎えたちょうどその日に、
保護者様の一名からお祝いのメッセージを頂けました。
嬉しかったです。ありがとうございます。

最初の生徒が入塾して12年が経ちました。
12年と言えば、干支が一周した計算になります。
開業したときに20代だった私は40代になりました。

塾を「survive」し続けることは
年々容易ではなくなっているように感じます。
少子化、教育制度改革、競争激化、生徒の二極化・・・
今まで決して楽な戦いをしてきたわけではありませんが、
年々厳しさは増しているように感じています。
それに負けないように
毎年色々なことを考え、行動しています。

初心忘るべからず。
12年間の経験を積ませて頂きましたが、
それにおごることなく、
毎日もがき、毎回真剣勝負で、毎度反省し、
生徒と向き合い、生徒や抽象塾が向上するように、
生徒の思う方向に進めるように、
邁進していきたいと思います。

12年目の抽象塾もよろしくお願いします。
コメント
コメントする