今年の夏期講習の特徴は
一人一人にスケジュールを作ったことです。
二者面談で保護者様からの要望を聞いた上で、
生徒一人一人のスケジューリングをすることは
容易ではなかったですが、
一日でも多く出席して欲しい願いを込めて
予定を組み立てました。

内容は伝統的な英語の単語テストを始め、
今年は理科や社会の要望が高かったので、
理科と社会の一問一答問題を進めています。
今後は数学の予習も進めていきたいと思っています。

全体の出席率は昨年よりも良い傾向にあります。
やはり一人一人のスケジューリングが功を奏しています。

抽象塾の夏期講習は毎年違います。
生徒にとって何か必要なのか、
今後必要になっていくことは何なのか、
考えていくと毎年違った方針、内容になっていきます。

夏期講習は受験につながる勉強を
集中してできる唯一の時期と言っても過言ではない。
是非集中して取り組んで欲しいと思う。
コメント
コメントする