<< 合格発表の日 | main | 健康と私 >>
2011.05.11 Wednesday

文章の書ける人へ

0
    学年を問わず作文の指導を月1回入れようと思っています。
    高校受験では作文のテストがあり、
    栃木県県立入試の国語の20点を占めています。
    これは5教科の総合点数500点の4%もあり、
    高得点を取るチャンスです。

    これは感覚的なお話ですが、
    5年前は3年生のときに指導しても
    受験までに何とか平均点より高い点数が取れるようになりました。
    しかしここ最近では3年生からの指導では
    どうしても間に合わないことが多いです。
    やはり作文を書くことに慣れていなく、
    どう書いたら良いか分からない、
    口語体と文章で使う言葉の違いを知らない、
    さらに言えば、正しい原稿用紙の使い方すらできていない生徒までいます。

    文章を書くことは高校受験の作文問題だけではなく、
    大学受験時の小論文、就職試験の志望動機、
    社会人になってからは当然のように文章を書くことを要求されます。
    理系卒の社会人でも企業は文章等で説明できる人材を欲しています。

    今の生徒は何かを表現することは得意です。
    しかしその表現はとても狭く、あるいは特殊で、
    ある一定のコミュニティーでは評価されますが、
    大人の世界では評価されにくい表現を使います。
    しかし得意な表現力を少し幅を広げれば、
    十分大人にも繋がる表現力を持っています。
    その力を最大限に広げられるように、
    月1回の作文指導ですが、受験のため、将来のため、

    文章を書ける人になってもらいたい。
    それが切なる願いです。




    人気blogランキングへ



    にほんブログ村 教育ブログへ
    にほんブログ村










    JUGEMテーマ:学問・学校


    2017.05.04 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      抽象塾という塾名に引かれてきました。
      どうして、この名にしたのですか。
      大手塾の進出で、個人塾は大変と思いますが頑張ってください。
      もし、記載のソフトがお役に立つようでしたらご利用ください。
      記事を拝読しました。文章力を身に付けるのは大事なことです。
      コメントする








       
      Calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Recommend
      新・絶対学力―視考力で子供は伸びる
      新・絶対学力―視考力で子供は伸びる (JUGEMレビュー »)
      糸山 泰造
      「絶対学力」の続編です。と言うより「絶対学力」を上手くまとめた感じです。私はうまくまとまっていなくても「絶対学力」の方が好きですが、家庭教師を始めよう、特に小学生の生徒を受け持とうとしている先生にはぴったりかもしれません。
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM