一定期間更新がないため広告を表示しています

2019年9月4日、県立高等学校の生徒募集定員の見込みについて発表があった。
第2期県立高校再編計画に伴い那須地区でいえば、
黒羽、那須清峰、那須の学級数が減ることは新聞等で発表済みだった。

今回はさらに那須地区で大田原高校が学級数を1減らして、
定員240名から定員200名に減ることになった。
やはりと言えばよいのだろうか、
ここ数年の低倍率から言えば仕方ないと判断されるだろう。
特色選抜が約50名取って、一般試験が約150名となる計算だ。

単純に昨年の応募人数に当てはめてみると、
一般選抜は1.01倍から1.31倍となる。
もちろん机上の空論だが、このぐらいの倍率があると進学高らしくなる。

那須地区は特に県立志向の強い地域である。
男子校や女子校は何が何でも行きたいという生徒が多いのも事実。
ただ2018年度から1クラス減った大田原女子高の去年の倍率が1.06倍と考えると
大田原高校を避ける動きが出てくるだろう。

それを総合判断すると大田原高校の倍率は少し上がり、
他校への影響、黒磯高校、宇都宮方面の高校などには
少なからずあるのではないだろうか。

那須地区の県立高校が160名の定員が減らすのは
いくら生徒数が減少傾向にある那須地区でもいきすぎなような気がする。
ただ来年は例年より厳しい県立受験ということを覚悟しなければならないと思う。



















頭を悩ませながらも全体像が浮かんできた。
2019年の夏期講習をどうするかだった。

今回大きく方向を転換したのはお盆だ。
今までお盆はすべて休まずに行ってきたのだが、
昨年、一昨年のデータを見ると出席率は極端に低い。
お盆の前半は休み、後半は実施する方向性に変えた。

受験生の夏期講習は例年のことを基本に
学校の授業にそくした予習と復習をしようと思っている。
ただ学校の準拠ではなく、
より受験に近いもの中心に進めていきたいと思う。
今年は中学3年生だけになることもあるので、
英語の長文読解などの授業形式を取り入れたいと思う。

受験生以外は弱点補修になるかもしれない。
やはり弱点なものは早めに問題に触れて、
種を蒔いて、授業に生かせるべきなのかもしれない。

無駄なものを省き、
授業に集中できるように工夫したい。
また授業限定ではあるが、
ちゃんと目標まで達した生徒には最大15分の
自習時間をあげようと思っている。

全員が躍進できるように
そして計画通りにことが進むように、
最善を尽くしたいと思う。













明日から抽象塾では二者面談が始まります。
保護者様と私の二者面談です。

塾の二者面談は塾業界から賛否があります。
積極的ではない塾があったり、
二者面談をする時間があるならば、
問題の一問を解いた方がいいという塾もあります。

保護者様も忙しいと思います。
仕事を持っていたり、家庭があるのですから、
当然と言えば当然です。

しかし私は直接保護者様と話したいと思います。
時間のないなか、わざわざ足を運んでもらうのは
申し訳ないことだと思うのですが、
やはり保護者様と話したいと思います。

保護者様がどんな風に生徒のことを考えているのか??
保護者様がどんな風に塾のことを考えているのか??
直接尋ねて、直接伺って、
そこから塾運営を出発したいと思っています。

保護者様と話していると腑に落ちることが多々あります。
生徒の不思議な行動や意外な一面を見ることができます。
保護者様も塾での意外な一面に驚くことがあります。
そうやってお互いが生徒を違った角度で観れることは、
生徒、保護者、私ともにメリットが大きいと思います。

学校と保護者様と子供の三角形の下、
学校と対極のところにある
もうひとつの三角形の頂点が塾だと私は思っています。

正確な情報を、正確な地図を、正確な状況を、
生徒や保護者様に伝えていくのが塾の役割です。

そんな気持ちで抽象塾は二者面談を行なっています。








昨日で中間テストが終わりました。
今回はテスト3週間前に「ワークの日」を設け、
テスト2週間前から「定期テスト対策授業」を行いました。

「ワークの日」は
一人ひとりの生徒の学校のワークの進捗状況を確認して、
今後テストまでどういう風に勉強するかアドバイスしました。
やはり伸びている生徒は日々、
学校で進んだところはワークをしていました。
逆に伸びが鈍化している生徒はワークが真っ白、
びっくりしたのは学校が始まって2ヶ月、
まだ一度も開いていなかったワークがあった生徒もいました。
また塾で予習をした数学や英語は進めているけれど、
塾ではなかなか授業しない国語や社会は進めていない生徒も多かったです。

「定期テスト対策授業」は
定期テスト2週間前から学校のワークを中心に
勉強してもらうというものです。
13年前、保護者から
「定期テスト前に家でゴロゴロとテレビを見てられるとイライラする」
「テスト前だけでも塾で勉強してさせてもらえないでしょうか??」
という要望から始まりました。
今では保護者はもちろん、家で勉強ができない生徒からは好評です。
抽象塾の重要なイベントの一つになりました。
今回の前半は県大会があり、出席率は低めでしたが、
後半の出席率は高かったです。
わからないところを質問を受けるのですが、
教科書では掲載していない歴史のこと、
塾で演習をしなかった数学、
問題文が分かりにくかった理科などを聞いてきた生徒がいました。

解答が返却されたら「反省会」を開きたいと思っています。
生徒の素直な反省が聞けると思います。
この「反省会」で言ったことを次の定期テストの「ワークの日」に
言ってあげるととても効果的なんです。

さて、来週からは授業だ。

2018年はこの一言に尽きると思います。
「基礎に戻る」

方程式で分数が分からなければ
分数の計算に戻る。

マイナスのかっこの外し方が分からなければ、
マイナスのかっこの外し方まで戻る。

展開、因数分解、平方根、二次方程式が分からなければ
例え二次関数の重要なところをしていても戻る。

イオン式で、化学式が分からなければ
化学式に戻る。

そんな一年でした。

付け焼き刃では、どうしてももろくなってしまいます。
その後、どんなに頑張っても模擬テスト、
入試問題には対応出来なくなってしまいます。
さらに高校に行ったときに分からなくなってしまいます。
結局戻った方が結果として正しく、速い場合が多いです。
突然自ら気付いて、応用ができるようになるのはまれです。

反省点は戻っただけ時間を足さなかった点です。
戻ると言うことはそれだけ時間がかかると言うことで、
その分のフォローやリカバリーが足りませでした。
結果は
基礎はできたけど、
応用までは点数が伸びなかった、
そんな声が多かったです。

戻ることも重要だし、進むことも重要。
そんな一人ひとりのバランスを考えて、無駄を省いて、
2019年は進もうと思います。

抽象塾では今日が仕事納めで、明日が仕事始めです。
元旦講習は抽象塾の伝統になってきました。
近い私立入試に向けて、
また県立の特色選抜、一般選抜に向けて、
2019年の一日目から授業していきたいと思います。

2018年は格別なご協力とご理解を賜り厚くお礼申し上げます。
本年も大きなトラブルもなく無事に新年を迎えることができます。
2019年はさらに飛躍できるように邁進して参りたいと思います。





抽象塾の夏期講習は外部性を取らない。
だから在塾の生徒を1ヶ月かけて鍛えていく。
多分この通過儀礼を通ることが
入試や定期テストに強くなる一歩目になると思う。
やはり3回通っている生徒は強い。

今年の抽象塾の夏期講習は
昨年は生徒一人一人にコースを作っていたが、
そのコースを削り、4コースにまとめた。
また開始時間も全学年を揃え、私の負担を軽減した。
その代わり、
夏期講習は全学年の復習から予習まで。
授業は数学と英語の通常授業の続き。
と定義して、
曖昧だった夏期講習と授業の線引きをしっかりとした。
またきちんとした進度表を作った。
時期に合わせて3つの期間を作り、
それぞれ進めていくやる方である。

この仕組みは今のところ概ね好評である。
夏期講習ははやい生徒なら
夏休み中盤で終わってしまうだろうから、
そうしたら授業の方に時間を割きたいと思っている。
夏休みが終わったら定期テストがあるからだ。

部活動の大会が終わり、
ほとんどの3年生が本格的に受験勉強に入ったこの日、
受験まで駆け抜ける覚悟を今年もした。

暑さに負けず、授業や講習に精を出したいと思う。
今年も県立高校に三年生全員が合格しました。

今年は例年より人数が少なかったのですが、
志望校が定まらない生徒が多くて、
変更に次ぐ変更で、
指導方針も何回か変えて、対応しました。
そこが今年の辛かったことの一つです。

その反面、今年は私語で困ることはありませんでした。
みんな静かに勉強する生徒で、
きちんと授業受けてくれました。
やはり授業もやりがいがありました。

自己採点でヒヤッとしましたが、
やはり県立問題が段々難しくなっているのか、
得点が取れない生徒が多かったのだと思います。
特に数学は難しい問題が多かったです。

卒塾した三年生はこれからが勝負だと思うので、
精一杯高校生活を充実したものにしてほしいと思います。

私も「抽象塾を卒塾して良かった」と思えるような
塾にしていきたいと思います。

【重要なお知らせ】
抽象塾は
新中学1年生(現小学校6年生)1名の生徒を募集しています。
2018年3月中旬より入塾となります。
体験授業は順次実施中です。
ふるってご参加下さい。
詳しいことは電話を下さい。

0287-29-1337 担当 菊地

12年目を迎えたちょうどその日に、
保護者様の一名からお祝いのメッセージを頂けました。
嬉しかったです。ありがとうございます。

最初の生徒が入塾して12年が経ちました。
12年と言えば、干支が一周した計算になります。
開業したときに20代だった私は40代になりました。

塾を「survive」し続けることは
年々容易ではなくなっているように感じます。
少子化、教育制度改革、競争激化、生徒の二極化・・・
今まで決して楽な戦いをしてきたわけではありませんが、
年々厳しさは増しているように感じています。
それに負けないように
毎年色々なことを考え、行動しています。

初心忘るべからず。
12年間の経験を積ませて頂きましたが、
それにおごることなく、
毎日もがき、毎回真剣勝負で、毎度反省し、
生徒と向き合い、生徒や抽象塾が向上するように、
生徒の思う方向に進めるように、
邁進していきたいと思います。

12年目の抽象塾もよろしくお願いします。
県立高等学校の生徒募集定員の見込みについて発表があった。
県北で影響を受けたのは大田原女子高等学校だ。
定員240名から定員が200名に減った。
特色選抜が約50名取って、一般試験が約150名となる計算だ。

単純に昨年の応募人数に当てはめてみると、
特色選抜は1.67倍から2.00倍へ。
一般選抜は1.01倍から1.20倍となる。
もちろん机上の空論だが、このぐらいの倍率があると進学高らしくなる。

県北地域は特に県立志向の強い地域である。
大田原女子高等学校を避ける動きが出てくるかも知れない。
ただ男子校や女子校は何が何でも行きたいという生徒が多い。
それを総合判断すると大田原女子高等学校の倍率は少し上がり、
他校への影響は少ないのではないかと予想する。