冬期講習が終わりました。

今回は前回の反省を生かして、

・数学は円周角の範囲まで終わらしておく。
・計算問題は一度は確認する。
・社会と理科の一問一答をキチンと覚えさせる。
・英語は長文読解を演習する。

を取り入れて講習を始めました。
逆に中学を入学してから比較的早く入塾した生徒だったので、
前からずっとしていた基本の英単語テストなどは省略しました。

今回はそれぞれの生徒の速度に合わせた出題ができたような気がします。

反省もありました。
生徒のモチベーションを保つことが難しかったです。
それには導入部分で説明が必要だと感じました。
ただ「入試が迫っているから勉強する」だけでは、
今の生徒のモチベーションを保つことは難しいと思いました。

元日を挟んで9日間の講習でしたが、
いつもより実りが多かったのではないでしょうか。

私立試験を無事突破して、
県立試験に臨んで欲しいと思います。



【PR】
抽象塾では現小学6年生を4名、中学1年生、中学2年生を各数名募集しています。
詳しくはホームページをご覧ください。















新年あけましておめでとうございます。
2019年は抽象塾にとって苦い思い出の年になりました。
もちろんその苦さを噛み締めて
今年に生かしていきたいと思います。

2020年の抽象塾は改革の年にしたいと思います。
さまざまな施策を実施していきたいです。

是非これからも抽象塾をよろしくお願いします。

2020年 元旦
抽象塾 塾長


【PR】
抽象塾では現小学6年生を4名、中学1年生、中学2年生を各数名募集しています。
詳しくはホームページをご覧ください。





毎年のことながら、
仕事納めは12月31日。
生徒が「ガキ使」の放送に間に合う時間まで。
これは生徒からの要望があったわけではなく、
大晦日は早く切り上げましょうということ。

仕事始めは1月1日。
最近は定番化した挨拶で授業を始めている。
挨拶で述べる言葉に願いを込めて、
毎年元旦から授業している。

年末年始は本当は休みたい。
働き方改革と言われている昨今、
年末年始に仕事をするのはいかがなものかと。
しかし私立高校の入試は1月4日に迫っている。
1点でも多く点数を取って欲しいというのが
親心ならぬ塾講師心。
自信を持って、さらなる上を目指して欲しい。
そのために年末年始はなく授業をしている。

毎年「今年の生徒は大変だ」とぼやいているらしい。
そうだね。楽な年の生徒なんていやしない。
「この問題がわかるか??」「解説はわかりやすいか??」
「雑談は適当か??」「集中しているか??」
いつでも気を配って授業をしている。
この時期の受験生は特にだ。

さて、気合いを入れるために問題を解き始めるか。
抽象塾に年末年始はない。


【PR】
抽象塾では現小学6年生を4名、中学1年生、中学2年生を各数名募集しています。
詳しくはホームページをご覧ください。








抽象塾ではほとんど宿題を出しません。
受験生になってようやく宿題のテキストを渡す程度です。

賛否はあると思います。

学校から家に帰って、生徒にとって一番大切なものは何かと言えば、
今日学校で行なった勉強の復習だと思います。
復習というと難しいかもしれませんが、
そこのワークを行うことが何より大切だと考えています。
だから塾では「ワークをするように。それが宿題です」
と声をかけています。

それでもすぐに終わってしまう生徒、物足りない生徒には
塾のテキストを無料で貸し出しを行っていました。

そんな日々宿題だと言っている「宿題」を見るのが、
定期テスト3週間前に行われる「ワークの日」です。
全員がワークをどこまで行っているのか確かめる日です。
全ての教科をしている生徒もいれば、
全ての教科が真っ白な生徒もいます。
好きな先生の教科のワークを行って、
嫌いな先生の教科のワークは行わない生徒もいます。
いろいろありますが、
得意な教科はきちんとしてあって、
苦手な教科は手をつけていない、
これは強い相関関係にあります。
そこで苦手教科に手を入れるように説得するのが
「ワークの日」の最大の目的です。

週2回120分では全ての教科を教えることは不可能に近いです。
ただ「宿題」をすることを怠らない。
これが成績向上の近道です。



【PR】
抽象塾では現小学6年生を4名、中学1年生、中学2年生を各数名募集しています。
詳しくはホームページをご覧ください。









抽象塾は個別授業方式を採用しています。
これは一斉授業と比べて、
一人ひとりに寄り添えるのが特徴です。

生徒の「わからない」というのは千差万別です。
前に行ったことを理解していない生徒もいれば、
小学校のことを理解していない生徒もいます。
先生が思い浮かべているものとは違った想像している場合もあります。
それを一つひとつ正していくことは
一斉授業ではなかなか難しいことです。

一斉授業は同じレベルの生徒が数人集まれば有意義に働きます。
切磋琢磨もできますし、進度もはやく進むと思います。
何より先生も楽に教えることができると思います。
逆に言えば、レベルに開きのある生徒が集まると難しいです。
進度が遅い生徒はついていくことが精一杯でしょうし、
進度が速い生徒は授業がつまらなく感じてしまうと思います。
それらをまとめ上げるのは相当な統率力が必要です。

抽象塾では
1年生から3年生の夏までは個別指導を主に行なっています。
3年生の夏からは一斉授業を増やしていきます。
国語の古文の書き下し文、英語の長文読解、
理科のマグネシウムの燃焼の計算、地理の時差の問題など
一斉授業で行なった方が効率的な授業があります。
それは一斉授業で行なって、
苦手なところは個別指導で教えていきます。

いろいろな授業形式のいいところどりをしたい
そんな気持ちで授業をしています。


【PR】
抽象塾では現小学6年生を4名、中学1年生、中学2年生を各数名募集しています。
詳しくはホームページをご覧ください。












最近詰め込み型の問題が減っています。
逆に読解力と表現力を問われる問題が増えています。

地理のオーストラリアについて
例にして説明しましょう。

詰め込み型の問題では、
「オーストラリアのかつて植民地にした国はどこか??」
答えは「イギリス」です。

読解力と表現力を問われる問題では、
「オーストラリアの輸出の変化について簡潔に述べなさい」
答えは「かつては植民地であったイギリスに主に輸出していたが、近年は地理的に近いアジア圏の国への輸出が増えた」です。

詰め込み型では、植民地にしていた国名を答えるだけでいいのです。

しかし読解力と表現力を問われる問題では、
まず
「かつてオーストラリアがイギリスの植民地であったこと」
「イギリスとオーストラリアで貿易が盛んであったこと」
「オセアニアとアジアは地理的に近い」
「オーストラリアは近年、中国や日本などの
 アジア圏の国に輸出がシフトしている」
それらを知っていなければなりません。
実はそれらは詰め込み型の問題なのです。
その集まりがこの答えとなっています。

だから勉強の基本は
知識を集積する詰め込み型でいいのです。

ただ今はその知識の集積から知識を選ぶ読解力と
それを簡潔にまとめる表現力が必要になります。
その訓練方法が今の塾に問われています。

それは訓練していない今の生徒にとって
その問題を解くことは大変なことです。
少しでもその問題が解けるように
抽象塾でもいろいろと工夫していきたいと思います。


【PR】
抽象塾では現小学6年生を4名、中学1年生、中学2年生を各数名募集しています。
詳しくはホームページをご覧ください。
















2019年10月22日(火・祝)
即位礼正殿の儀が粛々と行われた日、
抽象塾でも開塾15周年のお祝いがありました。
何もしていませんが(笑)

丸14年何もなかったかと言えばたくさんありました。
私の毎日の喜怒哀楽のほとんどが
塾にあったと言っても過言ではありません。
「あの時こうしていれば」ということはたくさんあったし、
今でも夢で当時のことを思い出すこともあるし、
今でも悔しいとふと思うこともあります。
でもそれ以上に嬉しいことがあるのがこの仕事。
だから辞められません。

14年前の私にはできないことだらけでした。
それでも塾を始めて、こう続けてこられたのは、
ラッキーと偶然が重り、
また保護者様をはじめ、生徒たちが温かく見守って頂き、
14年仕事をさせていただきました。
今度は丸14年の経験を生かして、
保護者様や生徒たちに接していきたいと思います。

教育が今変わり続けています。
必然と情報を集めたりしていると、
「大変革が起きようとしている」と
調べれば調べるほどそう感じています。
それに対応すべく頑張りたいと思います。

15周年の1日目、早速報告書を書いて
生徒の今の状況を保護者に伝えたいと思います。

これからも抽象塾をよろしくお願いします。











2019年9月4日、県立高等学校の生徒募集定員の見込みについて発表があった。
第2期県立高校再編計画に伴い那須地区でいえば、
黒羽、那須清峰、那須の学級数が減ることは新聞等で発表済みだった。

今回はさらに那須地区で大田原高校が学級数を1減らして、
定員240名から定員200名に減ることになった。
やはりと言えばよいのだろうか、
ここ数年の低倍率から言えば仕方ないと判断されるだろう。
特色選抜が約50名取って、一般試験が約150名となる計算だ。

単純に昨年の応募人数に当てはめてみると、
一般選抜は1.01倍から1.31倍となる。
もちろん机上の空論だが、このぐらいの倍率があると進学高らしくなる。

那須地区は特に県立志向の強い地域である。
男子校や女子校は何が何でも行きたいという生徒が多いのも事実。
ただ2018年度から1クラス減った大田原女子高の去年の倍率が1.06倍と考えると
大田原高校を避ける動きが出てくるだろう。

それを総合判断すると大田原高校の倍率は少し上がり、
他校への影響、黒磯高校、宇都宮方面の高校などには
少なからずあるのではないだろうか。

那須地区の県立高校が160名の定員が減らすのは
いくら生徒数が減少傾向にある那須地区でもいきすぎなような気がする。
ただ来年は例年より厳しい県立受験ということを覚悟しなければならないと思う。



















頭を悩ませながらも全体像が浮かんできた。
2019年の夏期講習をどうするかだった。

今回大きく方向を転換したのはお盆だ。
今までお盆はすべて休まずに行ってきたのだが、
昨年、一昨年のデータを見ると出席率は極端に低い。
お盆の前半は休み、後半は実施する方向性に変えた。

受験生の夏期講習は例年のことを基本に
学校の授業にそくした予習と復習をしようと思っている。
ただ学校の準拠ではなく、
より受験に近いもの中心に進めていきたいと思う。
今年は中学3年生だけになることもあるので、
英語の長文読解などの授業形式を取り入れたいと思う。

受験生以外は弱点補修になるかもしれない。
やはり弱点なものは早めに問題に触れて、
種を蒔いて、授業に生かせるべきなのかもしれない。

無駄なものを省き、
授業に集中できるように工夫したい。
また授業限定ではあるが、
ちゃんと目標まで達した生徒には最大15分の
自習時間をあげようと思っている。

全員が躍進できるように
そして計画通りにことが進むように、
最善を尽くしたいと思う。













明日から抽象塾では二者面談が始まります。
保護者様と私の二者面談です。

塾の二者面談は塾業界から賛否があります。
積極的ではない塾があったり、
二者面談をする時間があるならば、
問題の一問を解いた方がいいという塾もあります。

保護者様も忙しいと思います。
仕事を持っていたり、家庭があるのですから、
当然と言えば当然です。

しかし私は直接保護者様と話したいと思います。
時間のないなか、わざわざ足を運んでもらうのは
申し訳ないことだと思うのですが、
やはり保護者様と話したいと思います。

保護者様がどんな風に生徒のことを考えているのか??
保護者様がどんな風に塾のことを考えているのか??
直接尋ねて、直接伺って、
そこから塾運営を出発したいと思っています。

保護者様と話していると腑に落ちることが多々あります。
生徒の不思議な行動や意外な一面を見ることができます。
保護者様も塾での意外な一面に驚くことがあります。
そうやってお互いが生徒を違った角度で観れることは、
生徒、保護者、私ともにメリットが大きいと思います。

学校と保護者様と子供の三角形の下、
学校と対極のところにある
もうひとつの三角形の頂点が塾だと私は思っています。

正確な情報を、正確な地図を、正確な状況を、
生徒や保護者様に伝えていくのが塾の役割です。

そんな気持ちで抽象塾は二者面談を行なっています。